ピアノでは親指の扱いってテクニック的に結構難しいと思ってるんですよ。

thumbs alan fraser

いやこれ、読んではいません(汗)

面倒臭いので(笑)

ちょっと今度読んでみますが・・・

でもこの人が親指についての本やビデオを書いているように、実は親指の扱いはテクニック的に実は結構難しいんです。

多分他の指と違って指の生え方が違うんで、他の指と比べてちょっと力が必要なんです。支えが。

なもんで力が入りやすい。

今まで気が付かなかったのですが、今生徒でテクニック的にじっくり見直している生徒がいるんですが、指導しているうちに・・・

なんせ自分は自然とできちゃったじゃないですか?汗。

それを指導するとわかるんですよね。

ああ、この点で一般の生徒は困るんだって。

自然とわかってしまう人はこう言う点でまずいんですよ。

親指って実は意外と力が入りやすい。なので抜くんですが、完全には抜かない。

単純には親指を支えるだけの筋力だけ使う。

その意識レベルがチョー難しいですね(汗)。無意識にできてしまっている人はできてしまうんだけど。

ただ・・・某一派みたいに親指は関係なしに手の中をずっとガチガチに力入れっぱなしとかはやらないですよ(笑)。

もちろん某一派の言いたいことはわかるけど・・・あれは100%間違い。

だから簡単な曲しか弾けない。

いや・・・某一派ですよ(笑)。

ひょっとするとハイフィンガー奏法一派のTOP・・・かも(笑)。

または安倍派一派とか(笑)

安倍さんもピアノ弾けたからねえ。

誤解なきように(笑)。

まあそれはいいとして・・・。

生徒に指導するって難しい。

いずれ全部、youtube講座でやりますが・・・。