CATEGORY

ロシア奏法・重力奏法・重量奏法

  • 2024年6月21日

ピアノの音色の真相part2

ピアノの音色の真相についての続編です。 これらは全てyoutubeで全て近日に作成しますが・・・ 結局音色を追求するのであれば・・・ 結論は、その曲を徹底的に研究して解釈をすることです。 その曲がどう言う曲想で、どう言う表現が必要なのか? それを緻密に探ることです。 作曲家がどう考えて作ったのか? 全ての部分にどう言う曲想、そして音色が欲しかったのか? そう言うところに・・・自分の個性は入る余地は […]

  • 2024年6月19日

ピアノの音色の真相などなど・・・

最近夜な夜な色々作業をしております。 実は録音の実験を毎晩やっておりました。 とあるホールで録音すればそこそこいい音質で撮れるのですが、ホール代も高いし、いつも取れると限らないのでなんとか自宅で録音ができないものかと。 そうやって実験を繰り返していたのですが・・・ マイクはかなり高価なものを2本用意して・・・ でも実はそれ以外にも色々な機材が必要で・・・ その機材も結構高価なものが必要となりまして […]

  • 2024年6月7日

ピアノから良い音色が生まれないんだったら・・・part2

よく思うんですけど・・・ グランドピアノを持っている人って意外とピアノの蓋を全開にしていない人が多いんです。 30度の間隔ではなくて本当に全開(45度)にしている人って少ない。 え?なんで?って私は思ってしまう。 大概は「音がうるさいから」というんですが・・・ それは調律師に頼めばいくらでも音量が出ないように調節はしていくれます。 問題は全開の方が絶対良い音色が出るんです。 そもそもピアノは全開で […]

  • 2024年6月5日

ピアノから良い音色が生まれないんだったら・・・

自分からピアノに接近すればええ! わかりますかね? ピアノって確かに良い音色って簡単に生まれない。 いや、だから高価なピアノとか海外製の高級ピアノを買えばええとか・・・ いやいやそんなことせずに・・・ もちろん高価なピアノは良い音色は出てくるのは事実です。 でも・・・そうじゃなくてもお手持ちのピアノがグランドピアノだったら諦めないでほしい。 いい音色が出ないんだったら自分からピアノに近付いて欲しい […]

  • 2024年6月5日

どんな時でも奏法は科学的に考えないと(汗)

私のかかりつけの病院って私の元生徒とその親が経営しているクリニックなんです。 全ての成人病予防を健康診断を通して予防してもらっているんですがこの間私が服用している薬をそろそろ辞めても良いといいう話だったんです。 なんでも身体のPHが酸性だったのでアルカリ性に戻す薬だったらしい。 アルカリに傾いたのでやめても良いという話ですが・・・ なんでも薬の成分がクエン酸が含まれているらしい。 で・・・ 「え? […]

  • 2024年5月29日

ドイツ系ピアニストが下手なんてのは嘘!笑

某奏法一派はドイツ系とかフランス系ピアニストは全員下手とか言ってるじゃないですか? それでロシア系のみ全員うまいと。ロシアのみが秘密があると。 ドイツ系もフランス系も音色は赤ちゃんレベルの、程度が最低な音色しかないと・・・。 あのようなことばっかり言っているから私も含めてみんなから非難されるんですよ(笑) 実は昨日、ある人(日本人)のマスタークラスの見学に行ってきたんですよ。 しかも日本人ときたら […]

  • 2024年5月16日

オカルトにハマる人のパターンって・・・

オカルトのyoutubeですが・・・(笑)。 なんて言うか・・・オカルトにハマる人たちには共通点があるかなと。 多分世の中に不満があるんだと思います。 世の中がつまらない。思った通りに生きていけない。思い描いていたものと違う。 それは誰しも、感じることではあります。 ただそれが多分、納得できない、もしくは理解できないんだろうと。 ピアノ奏法連中にもオカルト一派がいますが・・・なんであいつら、ああ言 […]

  • 2024年5月13日

ツタンカーメンの謎とクラシックピアノ

え?なんですか?この組み合わせ? さては・・・ ツタンカーメンの呪いとピアノ奏法との素粒子力学のとの関係性? いやいや私はどこぞみたいなオカルト教室ではありませんwwww. 実はツタンカーメンの呪いって嘘なんだそうです。 そんな事実はないと(笑)。 で・・・そういうオカルトの話ではなく エジプト王朝やツタンカーメンなどのピラミッドに関する発掘や研究っていまだに発見が多いのだそうです。 そしてこれが […]

  • 2024年5月8日

ヤマハピアノVSスタインウェイの戦い・最終結論(笑)

この間、大人の内輪発表会があったのですが、この時、2台ピアノがあったのでヤマハとスタインウェイを並べました。 2台ピアノを比較する絶好のチャンスだったわけですが・・・どういうわけか? みんなヤマハをビタイチも触れずにスタインウェイを弾いていました(笑)。 終わった後で「ヤマハも触ってごらん」と言ったら「ヤマハも意外といいですね!」と(笑) さて・・・私の意見ですが・・・ 私は2台とも触って思ったの […]

  • 2024年5月5日

おかしな論理を展開する講師達がいる中、こういうまともな先生がいることは素晴らしいです。

いや実はこの先生の別の動画を最初は見ていたんですよ。 そのうちこの動画も目に止まって・・・ この俊平(?)とかいう先生の言っているテクニック・・・私も100%同感です!。 この先生は別に「重力・重量テク」とか言っていませんが・・・私と全く同じです。 ただ、所詮世界的には「重量奏法」なんて言葉は本当はないんです。 ネイガウスも使ってなかった。 もちろんレシェティツキーも使ってなかった。 これが真実で […]

  • 2024年5月1日

ホロヴィッツの弾き方(奏法)は真似してはいけないと、このピアニストは忠告している

私も前からそう思っていましたが・・・ この人は私が良く見るyoutuberですが、英語が苦手な人は右下の歯車の印の設定から日本語に翻訳するとわかります(全てが正確ではありませんが) そもそもピアニストの弾く奏法を真似して取り入れたってなんの得にもならない。 ホロヴィッツはホロヴィッツであって、私たちじゃない。 この人が言うにはこの奏法は筋肉を酷使するから故障やジストニアになる可能性が高いって言って […]

  • 2024年3月10日

ポゴレリッチは演奏者的にはアスペルガーだったと思うよ

この演奏を世紀の大天才による名演とするか?それとも空気を読めないコンクール参加者ととるか? 某重力もしくは某・ロシア奏法指導者は 20世紀に一人出るか否かの逸材・大天才ピアニスト というらしいけど・・・ いや・・・単なるアスペルガーピアニストだと思いますよ(笑)。 実際モスクワ音楽院では彼はかなり異端視されて嫌われていたらしい。 そりゃそうです。流石にモスクワ音楽院でもこういう演奏は❌です。 ショ […]

  • 2024年2月9日

iphone VS android =ヤマハvsスタインウェイ(笑)

なんでも日本ではiphoneが主流で市場では確か7割も持っているとか(汗) そんなにみんなお金持ってるんだ(汗)と思ってしまうのですが・・? iphoneは金額的には10万円以上という感じなのですが・・・(汗)。 もちろん最新でなければそこまでではないかもしれません。 で・・・あとはandroidなのですが・・・ でも・・・海外では圧倒的にAndroidの方が高いです。 これは単純にパソコンがwi […]

  • 2024年1月16日

ヴィトンとスタインウェイVS筋トレとピアノの練習(笑)

この人、高須クリニックの息子の高須幹弥ですがこの人の動画を最近よく見ています。 それでこの人が 「ヴィトン買うなら筋トレしろ」 という題名で出していました。 確かにこの人、48歳にしては筋肉がすごいです。 この人が言うには 「ヴィトンだのアルマーニだの、そういうのを着ていても、それ脱いだら、タプタプの腹が出ている格好で恥ずかしくないのか?だったらお金なんかかからない筋トレしろ!」 「有名ブランドは […]

  • 2024年1月6日

年賀状とピアノ

今年の年賀状の写真は生徒には・・・ なんて間抜けな顔なんでしょう(笑)。 さて・・・私はもうかれこれ30年入っているバイククラブがあります。 もうかれこれ30年来の付き合いで、なんたって私の30歳の時の結⭕️式の時に参列いただいた方々です(汗)。 そして時は流れて・・・(汗) こうして30年後も年賀状のやり取りが行われております(汗)。 さて、そのバイククラブの方への年賀状の写真はこちら。 まーな […]

  • 2023年12月14日

クラシック音楽って今後どうなるのかね?

まああんまりこの動画、一般公開されていないので、長くここで紹介はまずいかもしれません。 いずれ時がきたらこのblog消去しますが・・・ この中に私の生徒が出演しています。 ヒントは・・・ダントツにヴォーカルが上手い!(笑)。 まあでも全部ここの演奏は聞いてみました。 正直、⭕️手なバンドもあれば(汗)とんでもなく上手いバンドもあります。 でもまあ・・・ほとんどが創作曲です。 学生だけど頑張ってるな […]

  • 2023年12月4日

今新しいメッセージ集を作っています。

間違いだらけのピアノ教育常識(作成中) いろいろこれから書いていきます。 一般のピアノの先生達への批判もあり、(同重力奏法先生指導者への援護もある)極寒奏法連中への痛烈な批判もあります。

  • 2023年11月17日

テクニック的に難曲を弾くコツって・・・

そろそろラヴェルのクープランのトッカータの収録ができるかなと。 この曲、すんごく弾きにくいんですが、なんとか確実に弾けるようになってきました。 難曲のコツって・・・ それって何十時間も練習ではなくて・・・ かと言って虫様筋、屈筋に力を入れて常に手の中を固めてではなくwwwww. 椅子を一番高くでも、前傾姿勢でもないです。 一番大事なのは・・・ 究極に力を抜くことです。 これ以下も以上もないです。 […]

  • 2023年10月5日

ピアノ芸術の正体はLEGOであり、LEGOで終わる。

こちらメッセージ集にあります。ご覧ください。 この文章を読んでピンときますか? ピンと来る人は間違いなくピアノのことをよく知っている人、ピアノが上手く弾ける人です。 ピンとこなくて理解できない人、間違った奏法に奔走している人は残念ですが進歩はできません。 早くこの事に気がつくと、ピアノは上手くなると思いますよ!。 いずれこれはyoutubeでも詳しく載せます。

  • 2023年9月18日

暗譜のコツって・・・脳細胞の焼き付けだけど・・・。

10月のプレッシャー大会に向けてある曲の暗譜を目指しているんですが・・・ 暗譜ってどうやんのって・・・まるで歴史の暗記みたいに丸覚えでいいじゃんとかって・・・ それ・・・やっぱり違いますよ(汗)。 そうじゃなくて、やっぱり膨大な時間が必要なんじゃないかな? ただし、その膨大な時間を使ってどう覚えるか?なんですが・・・。 これを自動演奏、オートパイロット、ともいうんですが・・・ まるで自動で演奏して […]

  • 2023年9月7日

別にこの人たちには恨みはないので口撃はしませんが(笑)

私がyoutubeチャンネルを作った当初に某奏法団体から複数匿名による、膨大な量の嫌がらせと誹謗中傷を受け取っていたので彼等が「もう勘弁してくれ!」というまで10倍返しをしている最中なのですが(笑) ここに出てくる人たちはこの団体とは関係ないのですが・・・申し訳ないけど、この人たちの意見には賛同できません。 例えば・・・皆さんは血液型の性格占いって信じますか? 信じる人は多分この手の動画の内容はぞ […]

  • 2023年2月17日

海外ではロシア奏法も重量奏法も同じやね

この人はどういう派閥の人かはわかりません。 調べても詳しく出てこないので。 でも重量奏法に関しての指導は確かな内容のようです。 同じように この人はロシアンメソッドと言っていますが・・・ どちらも同じ(笑) ロシアと言ってもいいけど結局同じだね。 というか・・・ ネイガウスもルービンステインもみんなユダヤ人なんだよね。 なので、いっそのこと ユダヤ奏法 と言った方がいいんじゃないのかな? こっちの […]

  • 2023年2月9日

これって多分某重量or某ロシア奏法に対しての質問だと思いますよ(調律師編)

ここから(19”16)そのままクリックして再生してください。 問題のところから再生されます。 某重量or某ロシア奏法に対しての質問が出て、この調律師は「はい、質問者さんの考えの通りです」と答えています。 質問内容はまあ要するに 「打鍵してから手を裏返すとさらに音色を変化させることができる」とか 「打鍵してから手の下にさらに手を入れてかき混ぜると音色が変わる」とか 「弦に当てるハンマーをそのままそこ […]