早わかり重量(重力)奏法スピード講座

動画による早わかり重量(重力)奏法スピード講座・動画実践編はこちらから

もっとわかりやすい重量(重力)奏法講座

インデックス

  1. 重量奏法(重力奏法)とは・・・
  2. 大事なことはいかに楽に鍵盤を効率よく弾けるか?
  3. ハイフィンガーテクニックについて
  4. ツェルニーやハノンをやみくもに練習してもテクニックは付きません
  5. もっとも効果的な方法はハノンの併用およびハノンの完全習得
  6. 小学生のテクニック指導について
  7. ロシア奏法、アレクサンダー奏法等との違いについて

科学的検証

  1. ピアノの音量は本当は重さではなく鍵盤の速さで音量が決まるのです!
  2. 鍵盤は僅か50gの重さで沈むので、それ以上重さを掛けるのは無意味のようですが・・・

1.重量奏法(重力奏法)とは・・・

ピアノは、ベートーベンなどの時代は、鍵盤が異常に軽かったため、指先で弾く事が可能でしたが、現代のピアノでは、その弾き方では弾きにくいほど、鍵盤が重くなっています。そこで、指先の力ではなく、腕の重さや,上半身の重さを鍵盤にかける事により、鍵盤を押す弾き方を重量奏法と呼んでいます。

どうして、あのように、楽に力を入れないでピアノが弾けるのだろう?

たとえば一般に指の力で弾く事が不可能である証拠に、技巧的に難易度の高い曲を弾くと、腕が痛くなったり、また、指先が回らなくなったり,腱鞘炎になったりといった事があると思います。

また近年ではジストニアと呼ばれる手の病気が多いと聞いていますが、これも指の力に頼った弾き方が原因ではないかと私は考えています。

指の力で弾く場合、往々にして良く見かける弾き方に手が硬直した形で弾いているパターンがあると思いますが、またそれとは別に(特に外国人のピアニストに多いのですが)手や腕が非常にリラックスして弾いているパターンもあると思います。

・・・どうして、あのように、非常に力を入れないでピアノが弾けるのだろう?・・・

そう思った方も多いと思います。 弾き方としてはこんな感じです。

1.ハノン、ツェルニー、ブルグミューラー、ショパンエオリアンハープの場合

2.大事なことはいかに楽に鍵盤を効率よく弾けるか?

スポーツでは当たり前だと思いますがいかに効率よく体を使って無駄なエネルギーを使うことなく競技をするかは当然の成り行きです。そうでなければどの選手も故障から逃げられません。

どの選手も筋力によるパワーだけでは無理であることは承知だと思います。

同じようにピアノも一種のスポーツと同様です。

どうやったら省エネルギーで疲れることなく鍵盤が弾けるか?

そこには慣性の法則および重量を使った奏法というものが存在します。

例えば次の動画をご覧下さい。

重量奏法をもし体験して見たい場合はこの方法が最も簡潔にわかりやすく体験できる方法だと思います。

もちろん、一般的な日本人の場合はここまで腕の重さは重くないとは思いますが、理論上証明するにはこれが一番です。

実際外国人は体格が良いので、この2Lペットボトル分の重さ以上はあるはずです。

よって無意識に重量奏法をしていると考えた方がよろしいと思います。

3.ハイフィンガーテクニックについて

また、不遇な事に、日本では、西洋音楽が導入された時に、重量奏法(重力奏法)が導入されずに、ハイフィンガーテクニック(指を高くあげて、もしくは指の力のみで強引に弾く奏法)が、間違って導入されてしまった事が原因で、今日の日本のテクニックの問題が、残っています。最近では、かなり改善されているとはいえ、根強く、このハイフィンガーテクニックは一流音大でも、未だに指導されている現状なのです。

ピアノは、あなたが思っている以上に楽に弾けると思って下さい

まずは、この講座を読む前に、あなた自身がピアノはもっと楽に弾けるはずだという気持ちを持って欲しいのです。事実、本当にピアノは楽に弾ける物ですし、女性でもある部分の筋肉を多少鍛えれば、何不自由なく弾ける物です。

4.ツェルニーやハノンをやみくもに練習してもテクニックは付きません

ツェルニー練習曲の60番まで、やみくもに弾けばテクニックがつくかというと、それはありえません。

ツェルニーはテクニックの向上に役には立つ教材ではあるとは思いますが,現状ではそのほとんどの生徒がやみくもに脱力を考えずに力を入れながら練習をしているのが現実でしょう。

さらに言うなら、ツェルニーを全曲やる事は集中力の欠如を生み、やる気をそぐ元になると考えています。

しかも,10代のうちに良質な音楽性を身につけたい時期に,あのような非音楽的でかつ膨大な練習曲を練習する事は,はなはだ時間の無駄があると思います。

同時に、ハノンを何も考えずに片っ端から練習する事は、やはり疑問を感じます。

もちろん、スケール,アルペッジオや3度練習などは非常に大事な技術であり、将来全曲習得する事が望ましいのですが、しかし全曲弾けるようになったからといってその人が脱力を習得できたかと言えば、それは違うでしょう。

実際、私のところに訪れた人で、かなりハノンやツェルニー50番を片っ端から練習してきた人は(音大生も含めて)大勢いましたが、残念ながら、脱力をきちんと習得している人はいませんでした。

5.もっとも効果的な方法はハノンの併用およびハノンの完全習得

ではどのようにして重量奏法(重力奏法)を習得すれば良いのか・・・。

当音楽院では,もっとも効率よくテクニックを身につけるにはどうしたら良いかという発想から、曲を弾いている時にその弾きにくい部分に似たパッセージをハノンから選んできて併用しながら,効率よく再短時間でテクニックを身につけさせるという方法を取っています。

意外と知られていませんが,ハノンにはピアノのテクニックがすべて凝縮されて入っています。

6.小学生のテクニック指導について

小学生にツェルニー30番や、100番を練習させる事は、当たり前となっているようですが、私はそれも無意味と考えます!

たしかに一時的に指は強くなるでしょう。

当然の事ながら、コンクールなどで難易度の高い曲を弾かせるとしたら、もうこれは「ハイフィンガーテクニック」以外あり得ません。しかし、それはもともと強引な腕力でピアノを弾いているに過ぎないのです。

その証拠に、練習曲で指を鍛えた小学生のタッチは固い!おまけに手や腕もカチカチな事が多い。

この手や腕に力を入れて弾く事を覚えてしまった生徒に今度は「脱力」を指導するという事がどれほど非効率的である事にどれくらいの指導者が気付いているのでしょうか?

村田ピアノ音楽院では、脱力テクニックの指導は腕の重さがある程度あり、かつ手の骨格がしっかりしてきた小学6年生ぐらいから始める事にしています。

もしも、何とか小学生が指を鍛えたいと思うのなら・・・ツェルニーなどしないで、一般の教則本を片っ端から練習する事です。

なぜなら、小学生にとって必要な事は、テクニックの習得ではなく、むしろ、読譜力や、ソルフェージュ力、表現力の養成の方が重要だからです。読譜力、表現力が養われるととともに、指を強化する・・・これは一般の教則本の練習で、十分えられます


7.ロシア奏法、アレクサンダー奏法等との違いについて

私はこれらの名前の奏法をきちんと調べたわけではありませんが、自分なりに調べた結果、結局はどこの奏法も同じことが言えると思っています。

結局は無理せずに体や腕の重さ、腕を利用して弾くのであり、手のフォーム等に多少の違いがあるにせよ、到達しているところは同じで、多少説明においての方法、処方が違うと思っています。

一般にロシア奏法とは引っ掻く、または手首等のバネを使うテクニックを主流にして、手の内側にやや緊張感を持って弾く奏法のようですが、それは取り立てて特別な奏法ではなく、いくつかある重量奏法の一つにあるだけだと私は思っています。

ただ私が思うに、いわゆる「ロシア奏法」というものは、どちらかというと体格の良い欧米人に向いていると思います。ロシア人を含めて欧米人は比較的体格が良く、東欧の女性に至っては身長、体重、手の大きさ、いずれも私(身長170cm、体重62kg、手の大きさ9度がやっと)をはるかに上回っています。

また肉食系の食事が多いので、体格的にも菜食主義の日本人に比べると明らかに東欧人は筋肉質です。

ロシア人を含めた欧米人の男性はそれをさらに上回っています。

体格の良い筋肉質の東欧人が扱う、いわゆる引っ掻くテクニックが多い「ロシア奏法」が果たして華奢な日本人に合うかは疑問と考えています。

そもそも”いわゆる”ロシア奏法(重力奏法)はロシアから始まったのではなく、ハンガリーのリスト、およびポーランドのショパンが始めた奏法で、この時代にピアノ楽器の原型が出来始めて、今までの奏法では弾けないぐらい鍵盤が重くなってしまったために、生み出されたと考えています。

それが主にリストの弟子に伝わり、(ショパンはあまりプロの弟子を持っていなかった)その弟子たちの幾人かがロシアにわたってモスクワ音楽院やサンクトペテルブルグ音楽院でソビエトの音楽教育で使ったに過ぎないわけで、大元の起源はブダペストのリスト、およびワルシャワ、パリのショパンにあったと言った方が良いと思っています。

考えようによっては「リスト奏法」と言い換えた方が正解です。

また、いわゆる「ロシア奏法」といっても全てのロシア人が一つの決まった奏法ということではないようで、各教授もすべて違う奏法手法を取っており、同じようにハンガリー、ポーランドの奏者も皆考えが若干違う奏法を各自取り入れています。

実際、ソビエト時代には「ロシア奏法」という名の奏法は実在していません。

結局はロシア人が特別なテクニックで弾いているというわけではなく、全世界のトップレベルのピアニストならば、似たような効率の良い弾き方をしているだけだと思います。

またどこがオリジナリティーとか、特許、メソッドという考えはあまり意味がなく、また、どこの奏法が正しくて、誰の奏法が間違っているというのも無意味で、単純にどの奏法も一つの道具としてはすべて正解だと思います。

私はブダペスト生まれのピアニストから、重量奏法の基礎を学びましたが、その先生の奏法とも、また若干違います。しかし到達点は同じです。

アレクサンダー奏法というのは体の構造をもとに考えられた奏法で、身体に無理のないような奏法という意味では大変良い考えだと思います。

体全体の使い方においては私も頷ける内容もあり、大事な内容です。

ただ、細かい奏法手法まではないようなのでそのあたりを私なりに言わせてもらえれば、重量奏法と混ぜ合わせて参考にすれば良いかとは思います。

結局は、それぞれの奏法を習った後で自分なりに自分に合った奏法を確立すれば良いだけのことと私は考えています。

動画による早わかり重量(重力)奏法スピード講座・動画実践編はこちらから

もっとわかりやすい重量奏法講座(作成中)