多彩な音色(タッチ)の作り方

8.最終的には自分の耳、感性が多彩な音色のテクニックである。

多彩な音色の決定は何?と言われたら、自分の耳と感性、が答えです。

どういう音が欲しいのか?自分の中に理想の音がなければ、多彩な音色の作成はできません。

材料は上記に述べたとおり、音量、音の硬さ、左右ペダルです。

この材料をいかに芸術的に使いこなすかが最終段階のテクニックであり、むやみに音量、音の硬さ、左右ペダルを使って音色の変化を成し遂げたとしても、人を感動させられません。

それには、どのように音楽を作り上げたいのか?が必要になります。

ピアノに触れる前の段階ですでに、音色の研究は始まっているのです。

9.某極寒国による名前の日本のテクニック奏者たちは音色の正体がペダルの倍音であると言っていますが残念ながらそれは正しくありません。

倍音とは右ペダルを踏んだ時により響く効果音(共鳴音)を指しますが、音色の正体はペダルを使用する倍音である、と言う人達がいますが、あまり正しくありません。

このテクニック奏者達は基音(ペダルを使わない音)は大事ではなくて倍音(ペダル効果音)が最も重要であると言っていますが、あまりに漠然としたお粗末な言葉の説明です。

倍音のみでは多彩な音色は成立しません。また倍音が重要であると言ってしまうと、ではペダルを使わないバッハはどうなんだ?と言うことになります。

某・極寒国による名前のテクニック奏者たちは倍音が全てであると言っていますが、その某・極寒国の有名なタチアナ、ニコライエワの演奏するバッハはペダルをほぼ使っていません。

ペダルによる倍音を使わないニコライエワの演奏は果たして音色が乏しいと言う論理になるのでしょうか???

また全くペダルを使わなかったことで有名なグレングールドのバッハ演奏は倍音を一切使っていないので、音色が単調な演奏と断言して良いのでしょうか?

ペダルによる効果音(倍音)ももちろん重要です。

確かに最後はこのペダル音が決め手になることは多いですし間違いないです。

しかし、それでは単にペダルを踏んで弱い音で弾いて、それで多彩な音色が出てくるのかといえば、それほど単純ではないのです。

おそらく上記の人たちは弱い音とペダル音を用いて弾いて、その弱い音が重要な倍音であると述べているようですが、それならば倍音ではなく”弱い音”と説明すべきです。

言っている意図はわかりますがおおよそ一般人に誤解を生じさせます。

おそらく重要なことは、硬い音にならず、ある程度の音量と硬さの音量を出すこと。またはソフトペダルを用いて柔らかい音も出して演奏すること。

これが倍音という意味不明かつ理解不能にさせる説明に変わる説明だと思います。

10.音色の変化には重量(重力)奏法がカギとなります。

今までの話は音色は音量と音の硬さの調節が正体であると説明してきました。

しかし音量の調節は意外と難しいものです。

自由自在に音量の調節ができる方法はないものか?

そこでようやく、タッチ(弾き方)に言及が及ぶわけなのです。

タッチが重要なのではなく、どういう弾き方をしたら、音量の調節が楽になるか、ということなのです。

重量奏法は疲れにくく、速く弾けることだけが目標ではなく、音量の調節のしやすさがポイントなのです。

単純には小さい音量を作りたい場合は、重さを軽くして弾く。

大きい音量の場合は重くして、もしくは鍵盤を押したり引っ掻いたりして弾きます。

11.倍音についての定義

音色に関して、とある某・極寒国のテクニック奏法指導者達は音色の説明に”倍音”という言葉を多用するのですが、これは音響科学的に間違っています。

ペダル音とか弱音とかソフトペダル音等、別の言葉で説明しないと誤解を招きます。

ここで彼らの言う「倍音」「基音」と言う言葉について音響科学的に誤解を生まないためにも正しく説明をしたいと思います。

倍音と基音について

基音とは何一つ派生した音がない純粋な音を指します。

NHKの時報でピッピッポーンといった最後のポーンという音がまさにその「基音」です。

それに対して倍音とは一つの音に含まれる他の波形の音をいいます。

倍音は様々な音があり、かつ様々な波形があります。

倍音の中には綺麗な波形の形もあればギザギザのノコギリ型の倍音もあります。

この倍音の形がその音を決定します。

波形が綺麗な波形(sin型のような)場合はフルートのような音になり、ギザギザだとトランペットのような鋭い音になります。

(作成中)


元に戻る