早わかり重量(重力)奏法スピード講座・動画による実践編9

オクターブの奏法はこのような手の甲が出たフォームで弾くのが一番無理な力を使わずにいいのです。

このフォームは多分に世間的には多いフォームだと思いますが、このフォームですと疲れやすいです。

オクターブの弾き方

親指と小指の第3関節は常に出ていなければいけません。

なお、タッチは重さを下にかける方法と、わずかに引っ掻くテクニック、押すタッチの3種類があります。

押すタッチは連打では使えませんがわずかな力で大きい音を単音で出す場合は押すタッチの方が向いています。

オクターブ奏法に限らず、女性の様な非力な方が少ないパワーで大きい音を得るには、この押すタッチが向いています。

インデックス

ステップ1〜3

ステップ4〜7

ステップ8〜9

ステップ10〜11

ステップ12〜13

ステップ14〜15

ステップ16〜17

重量奏法の確認

様々な奏法

他にもこちらに様々なyoutubeによる奏法に関してのページがございます。