また10万円くれるんだったら安倍総理4選でもいいなあ

安倍首相4選にいよいよ現実味

まあそういう美味しい応援したくなるような話は別として。

この間、大人の生徒たちのプレッシャー大会のためのホールの調査にとあるホールに行ってきました。

ホールはどこも同じかと思いきや、実は全然違います。

条件的には

  1. 金額
  2. ホールの響き
  3. ピアノ
  4. アクセス

この4点が条件になります。

金額はまず先にくるもので(汗)これが高いと、まずはパス、ということになります(汗)

仕方がないです。

しかし、これでほぼ8割がた、パスになります(笑)。

仕方ない・・・です。

そもそもホールというのは1000人以上が収容できるものが多いので、1000人もお客さんを入れるんだったら、1000×2000円=最低200万円も入るんでしょ?だったらホール代も高くしまっせ・・・と言うことで高いんだと思います。

だいたい1日借りると、少なくとも20万円はかかりますから(汗)

さて・・・残りのわずか2割・・・これでもまだいくつかの条件が残っています。

ホールの響き・・・。

残りの2割は比較的安いので、大体は小〜中ホールが多いのですが、安いということはつまりは、音響効果が考えられていないということも多いです。

世に言う、「多目的ホール」と言うのがありますが、このほとんどはダメです。

絵画展示でも講習会でも使えます・・・的なホールが多いのですが、そうなると音響効果がないところが多い。

昔はよくあった「どんちょう」ですがこれがあるホールだとやっぱりダメなことが多い。

よく「市民会館」と言う名前とかあるじゃないですか。

あれはほとんど90%ダメなことが多いです。

もっともリニューアルしてあるところだと音響関係もリニューアルしてあることが多いのですが。

このあたりまでで、なんとかクリアできるホールも数少ないのですが、あることはあります。

そして最後に・・・ピアノ・・・です。

ここが要なんです。

今回のホールも、金額はまあ少々高かったんですが、音響は文句なし。

さて・・・最後のピアノが・・・汗。

ピアノ自体は文句なかったです。

見てわかる人は相当なマニアだと思うのですが、これはヤマハCFXと言う最新のフルコンです。

エッジがあるでしょ?側板に。

音の鳴り、ソフトペダルの音響効果、文句ないです。さすがはスタインウェイを意識したピアノです。

ただ・・・アクションの調節が・・・

なんでかなー。

簡単に言うと・・・素人好みの調節だったんです。

なんて言うか・・・

大きい音は簡単に出るんですが・・・小さい音が出にくい。

調節しにくい。

逆に乱暴に弾いても、一定の音量が安定して出るようになっている。

言葉で言うと、アクションがブカブカ、と言うのかな?

車で言うと、スポーツカーとかはアクセルをちょっとでも踏むとすぐ反応するけど、軽自動車だといくらアクセルを踏んでもスピードが出なくて、全開で踏まないとエンジンが勢いよく回らない、という感じです。

このポイントでこのホールは残念ながら・・・パスとなりました(汗)

もっとも弾く側がピアノに合わせる弾き方をするという方法もあります。ただそれはそれで結構大変。やれないことはないんですが。

おおよそ、値段の高いフルコンピアノが置いてある場合のアクション調節はプロ仕様でやってあるはずなんですが・・・汗。

うちの教室では、まあだいたいよく使うホールは約2箇所、決まってはいるのですが・・・

金額も音響もピアノも、申し分ないのですが・・・他に色々と問題もありまして(汗)

特に最後のアクセス問題が色々ありまして(汗)

駅から遠かったり、とんでもない田舎だったり(汗)

ホールなんてどこも同じようで・・・色々と違うもので、選ぶのも大変です。

私も自分の演奏の録画用に、うってつけのホールを探してはいるのですが・・・汗。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です