新年からいきなり政治問題です。

EU=ヨーロッパ連合は、原子力発電についても「持続可能な経済活動」として、投資を促す方針を明らかに

これってどういう意味かというと・・・

最近、温室化抑制のために脱炭素とかで、車を2035年までに全部電気自動車にするとか言ってるじゃないですか?

これで結構トヨタとか日産が慌てていて、ダイハツとかマツダなんかは潰れちゃうんじゃないか?と言われているんですが・・・

世界的にガソリンとか灯油とかを販売禁止にして二酸化炭素を出さないように、っていうことなんですが・・・。

それに対して、じゃあどうやって火力発電をやめて代替発電は何?っていうことなんですが・・・

それの代替案が・・・原発で行こうじゃないかってヨーロッパが言ってるらしいんだけど・・・

それってどうなの?・・・・。

それ、やばいと思うよ。

最も環境問題でうるさいEUがそういうことを言うのはどうかと。

原発は日本がとんでもない惨事になって、やっぱり原発は危険だし、核廃棄物の問題はどうするの?という問題で揉めているっていうのに・・・。

あの当時は原発の問題はあんまりわからなかったけど、後で分かったことは・・・

あともう少し遅れたら、東京も含めて関東一円が放射能で退避地域になっていたという話。

つまり東京がチェルノブイリ第2号になっていたかもしれないということ。

そうでなくても当時、東京電力社長が

「もう危険なので福島から撤退してもいいですか?」

と菅総理に言って

「死んでも撤退するな!」

と言い合っていたという事実。

全くもって恐ろしい。

実際いまだに福島事故原発はまだ廃炉になっていない。

核廃棄物ゴミもすごい問題で、放射能ゴミが無害化するまでは数十万年必要だからそれまでは六ヶ所村とかの核ゴミを管理しないといけない、という話。

全くもってわけわからない(笑)

どう考えても今ある原発はないと困るけど、これ以上増やすのはどうなんだろう?と思うんだけど・・・。

ヨーロッパではさらに原発を増やそうというわけですよね?

そのうち、車は充電電気じゃなくて、小型化原発で動かそう、ということになるんじゃ?。

そうなったら、永久に燃料を入れなくても走るんだろうけど(笑)。

面白いことに、核廃棄物の処理方法として、宇宙遠くに放り投げちまえ、という案があるらしい。

それはいい案かもしれない(笑)

まあ宇宙人が反対しなければ、それはグッドアイデアかも???。

ただ宇宙っていうのは無限で永遠に果てがない、と言われているけどそうじゃないという話も聞いたことがある。

実は宇宙は有限な世界で、時間がねじ曲がっているだけなので空間自体もねじ曲がっていて、投げたものは結局こちらに戻ってくるとかいう話。

そうなったら・・・空恐ろしい(笑)。