18.ピアノは単なる打楽器!。気持ちを込めるな!?(笑)

よく演奏家が表情たっぷりに弾いている人がいますが私はそういう演奏法には反対です。あえてパフォーマンスとしてなら良いのですが、ピアノを弾く人は頭も体もドライにして演奏しないと体に力が入ります。ピアノに酔いしれるのは聴衆であって奏者は冷静冷血な単なるピアノコントローラーでしかないのです。