バイデンとトランプ、あなたはどっちを応援?

11月3日の大統領選挙。

まあ日本人には関係ないし投票できないので、テレビを見ていることしかできませんが・・・

あなたはどちらを応援?

私は・・・

私という人間が型破りで常識というルールを持たない(非常識?)新しい道を模索する人間として言わせてもらえば・・・

私は断然、トランプを推します。

もちろんバイデンという人がどれぐらいの力があるかは未知数かもしれません。

ただ日本人にとってはアメリカ国内の政治よりもやっぱり対外的、外交手腕が我々は気になるわけです。

そういう意味ではトランプは今までの大統領とは比べ物にならないぐらい、非常識で(笑)型破りな手腕です。

あっと驚く戦法を持ってくる。

敵対していた北朝鮮の正恩と面会をしてくるし、ビジネスマンらしく、いつでも交渉の余地を本人に親書で訴えてくる。

感情的になりがちな土壇場でビジネスマン根性で渡り合っていく。

すごい人だと思いますよ。

もちろん、日本に対しても冷血な対応を迫ることは否定できないのですが、そこはそこ、要するに日本に「金だけ出せばいいんだよ」と言ってくる。

それでいいとおもいますよ。

日本は憲法があるから金だけ出せばいい。自衛隊は動かなくていい。トヨタもアメリカで車を作ればいい。

なんだかんだ言ってもトランプはビジネス的ウィンウィン戦法を持ちかけてくる。

deal、とよく言っているけど、たとえ裏で汚い方法を使ってでも、商談取引、成立を目指す。

それでいいんじゃないのかな?

今後の中国に対してのうまい取引を任せるにはトランプしかいないでしょう。

もっともその陰で日本に犠牲を生じさせる危険もありますが(汗)

そこはそこで、菅さんに頑張ってトランプと交渉(deal)してもらいたいです。

今日の敵は明日の味方。

どちらにしても、オバマのようなつまらない外交政治をやるよりかは、かつての小泉劇場のようなトランプ氏に再選してもらいたいです。

というより・・・

ちょいワルおやじのトランプでなきや、世界をまとめられないでしょう(笑)

所詮世界は舎弟と、マフィアボスのトランプのもの。

中国マフィアとの抗争をどう、うまく乗り切るか、見たいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です